投資に対する不安を解消する手っ取り早い方法は金融機関を利用することです。確かに彼らはアドバイスをくれますが、それが仕事であるということも忘れてはいけません。

NHKと投資、東京計器について

株への投資の際は自分になじみがある企業が適しています。
普段からそこの商品を愛用していれば商品が優れていることが自分でわかりますし、新商品が出たとかどこと提携しているといった情報も知っていやすくなるからです。
NHKもそういう一つで、いつもNHKのドラマやスポーツ中継を見ているという人からしますと、もしNHKの株を買って投資できればいいわけです。
しかし実際にはNHKは上場企業ではありません。

またNHKには出版業をはじめとして系列会社というものが多数ありますが、そういうところも上場しているというものでもありませんので、よって残念ながら株を買って直接投資することはできません。
こういう場合の策としては、そこに関係がある上場企業を探しそちらの株を買うということが考えられます。
例えばドラマに注目します。
NHKは毎時期朝のドラマや大規模な時代ドラマなどを大々的に放送しますが、その舞台となった土地を訪れる観光客が激増するために鉄道会社や旅行会社、ホテルなどが盛況となり、株価が上がります。

舞台が地方都市ですとその地の知名度が上がり、そこに本社を置く上場企業の株価が上昇する可能性もあります。
このように、番組で採り上げられたことに基づいて有望な投資先を考えてみるという方法が有効です。
もう一つ着目するのが放送機器です。

NHKには数多くの機器がありますが、それを納入しているのは国内の電機メーカーや機械メーカーですから、今放送局ではどういう新機材を使うようになり、それはどこの製品かと考えていけばそこに投資できます。
東京計器も放送機材を手掛けていまして、地上波放送の増幅器やアンテナ指向制御装置などは専門ですから、NHKに限らず放送局が今後有望だと考えれば、東京計器への投資も堅実ということになります。
なお東京計器は航海や航空の分野でも優れた機器を持っていますので、これらの事業も合わせて検討し参考にします。